飛べ!ダコタ

飛べ!ダコタ

2013 | G | 109分

終戦から半年も経っていない時、佐渡島の小さな村に、英国空軍の要人機ダコタが不時着。 村人の様々な思いが錯綜するが、やがて国境を越えた友情と絆を育み、ダコタを再び大空へと飛び立たせていく。 いまから67年前に実際にあった、‟真実の人間愛”の物語

まずは31日間、無料でおためし!

©「飛べ!ダコタ」製作委員会

あらすじ

昭和21年——終戦から、わずか5ヶ月後のその日、一機の飛行機が佐渡島にある高千村の海岸に不時着した。それは、イギリス空軍の要人機《ダコタ》であった。真っ先に駆けつけたのは森本千代子(比嘉愛未)。イギリス空軍のパイロットたちは、上海の英国総領事を東京まで送る途中で悪天候に見舞われ、不時着したのだという。つい半年前まで敵国であった彼等に様々な想いを胸に抱く島民たち。しかし、千代子の父親の新太郎(柄本明)は、「困った者を助けるのが、佐渡ん人間(さどんもん)」という精神に従い、イギリス兵たちを自分が営む旅館に迎えることにする。はじめは警戒していたイギリス人たちも、島民たちの温かいもてなしに、次第に打ち解けていく。 一方、兵学校での事故がもとで出征することなく終戦を迎えた千代子の幼なじみの木村健一(窪田正孝)は、一人殻に閉じこもっていた。島民たちと英兵たちが力を合わせ《ダコタ》を再び空に舞いあがせるための滑走路づくりに励む中、健一は《ダコタ》が親友の死んだビルマ戦線で、イギリスの将軍専用機だったこと知り、暗い憎悪の炎を燃えたぎらせる・・・。

スタッフ

監督
油谷誠至
脚本
安井国穂
友松直之
油谷誠至
プロデューサー
伊与木敏郎
撮影
小松原茂
照明
山川英明
録音
沼田和夫
音楽
宇崎竜童
編集
宮澤誠一
美術
稲垣尚夫
衣装
大森茂雄
ヘアメイク
今村香奈
助監督
辻裕之
配給
アステア
宣伝
アステア
製作
アッシュジャパン