特集一覧

高柳明音、2022年を邁進する秘訣は「イエス」と答えること?『イエスマン “YES”は人生のパスワード』

高柳明音
坪井篤史

©2009 Warner Bros. Entertainment Inc.

高柳明音さんが、シネマスコーレ副支配人の坪井篤史さんを師匠にお迎えし、映画マスターを目指します。第四回はジム・キャリー主演の名作『イエスマン “YES”は人生のパスワード』をご覧いただきました。2022年を邁進する秘訣は「イエス」と答えること?

『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のあらすじ
何にでも「ノー」「嫌だ」「パス」と答える後ろ向きの男、カール。親友の婚約パーティーまですっぽかし「生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる」と脅されたカールは、とあるセミナーに参加する。“意味のある人生を送るための、唯一のルール”は、どんな事にも「イエス」と言うだけ。人が変わったように運気をどんどん上げていくカール。だが思わぬどんでん返しが待っていた・・・?

高柳明音
たかやなぎあかね|1991年生まれ、愛知県出身。2009年にSKE48の2期生メンバーとしてデビュー。21年4月にグループを卒業し、現在は女優・タレントとして舞台、バラエティ、ラジオなど幅広く活躍中。

坪井篤史
つぼいあつし|1978年、愛知県生まれ。シネマスコーレ副支配人。小3の時に映画と映画館の神様から啓示を受け、死ぬまで映画と映画館で生きると決めたアブナイ人。

坪井篤史

今回は『イエスマン “YES”は人生のパスワード』をご覧いただきました。いくつか候補をお送りしましたが、なぜ本作を選ばれましたか?

高柳明音

候補の中にあったジャッキー・チェン作品も気になっていました。(笑) でも新年なので心機一転、気持ちを新たにできる映画をと思っていたら、家族からジム・キャリーの映画なら間違いないと言われて選びました。

坪井篤史

なるほどです。それで『イエスマン』が選ばれたわけですね。本作は、仕事でもプライベートでもとにかく後ろ向きで何にでもノーと言ってしまう男が、ある自己啓発セミナーに参加してイエスと言い始めたら人生が変わっていく物語です。ご覧になっていかがでしたか?

高柳明音

自己啓発セミナーがちょっと怪しくて、洗脳されちゃうの?って心配しましたが、怪しいと思いながらも半信半疑で流れに乗っちゃう展開はおもしろかったです。イエスを押し付けられていると気づきつつも、ちょっと試してみる生き方は良いかもと思っちゃいました。

坪井篤史

本作はコメディでありながら、ちゃんと人生ドラマとなっていますし、やはりジム・キャリーは喜怒哀楽ぜんぶやれちゃうところがすごいですよね。嘘がバレても強引な言い訳で押し通そうとする冒頭シーンは秀逸ですし、楽しい、辛いなどの心情を顔の演技だけで見せてくれる。
本作の後にも何本も出演していますが、僕は『イエスマン』がいわゆるジム・キャリーっぽい最後の映画かもしれないと思っています。それくらい彼の魅力が詰まっている集大成のような作品なのですが、この特有のノリはどう感じましたか?

この記事の続きを読むには

続き 続き文字数文字

新規登録はこちら

撮影:森山貴史(高柳明音、坪井篤史)
文:永井勇成

※今回のコラムを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒1月号の表紙は『さがす』の清水尋也さん!「DOKUSOマガジン vol.4」配布劇場とWEB版のお知らせ

お近くに配布劇場が無いという方は「DOKUSOマガジン定期購読のご案内」をご覧ください。

⇒映画マスターへの道をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る