特集一覧

【神尾楓珠 インタビュー!】彼に恥じない生き方をしなければならないと思っています『20歳のソウル』

DOKUSOマガジン編集部

市立船橋高校、吹奏楽部の応援曲「市船soul」の生みの親である浅野大義さんの人生を描いた『20歳のソウル』。「大きなプレッシャーや責任感があった」と口にする神尾楓珠は、本作にどのように取り組んだのか。演じる役にかけた想いや撮影現場でのエピソードなどを大いに語ってもらった。

神尾楓珠「大義くんの役を演じた者として、彼に恥じない生き方をしなければならないと思っています」

──本作は、千葉・市立船橋高校吹奏楽部によるチャンステーマ「市船soul」の生みの親であり、20歳という若さでこの世を去った浅野大義さんの生き様を描いています。出演が決まった際はどんな気持ちでしたか?

「僕の父が船橋の出身で、僕自身も幼少期を船橋で過ごした経験があります。なのでお話をいただいた際は、何かご縁のようなものを感じました。そうして脚本を手にしてまず思ったのが、本作は“王道の青春映画”だということです。若者たちのまぶしい時間が刻まれているんです。この仕事をやっているからには、一度はこういった青春模様を力強く描いた世界に飛び込んでみたい気持ちがありました。ただ、これが実話であるということを知り、純粋に主演を務めることとはまた違う大きなプレッシャーや責任感があったのも事実です」

©2022「20歳のソウル」製作委員会

──浅野大義というキャラクターの印象についてはいかがでしたか?

「明るくて、熱くて、真っ直ぐで。とても“主人公感”の強い人物だと感じました。これらの要素は大義くん自身のパーソナリティだと思うので、キャラクターの軸として大切にしつつ、そのうえで後半に描かれる闘病生活のパートにも臨むべきだと思いました。脚本を手にした段階で具体的な演技プランまで考えていたわけではありませんが、画は浮かびました。ですが、闘病生活を送る人物を演じたことはこれまでありませんでしたし、正直なところ僕に演じられるのか不安は大きかったです」

──神尾さんにとって浅野大義というキャラクターは、さまざまな点で特別だったのですね。

「これまで演じてきた役と、大義という役は全然違います。もちろん、役を演じることに関しては、どの作品でも強い責任感を持って臨んでいます。けれどもこの役は、浅野大義さんのご家族をはじめ、多くの方の想いを背に感じながら演じなければなりません。青春映画ではありますが、楽しむ気持ちだけでは大義くんの生き様をスクリーンに刻むことはできない。大義くんは、いまも「市船soul」とともに生きている人です。この作品に取り組むうえで、そして大義という役を演じるうえで一番大切にしたのは、やはり大義くんへのリスペクト。これは監督の秋山さんとの共通認識でもありました。それと音楽に対する情熱です。僕自身も音楽が大好きなので、この軸をブレさせないことが大前提でした。仲間たちと楽しむ姿は自分なりに解釈して、与えられた範囲内で楽しみましたね」

©2022「20歳のソウル」製作委員会

──友人役を演じた佐野晶哉さん、前田航基さん、若林時英さん、そして高橋先生役の佐藤浩市さんとの共演はいかがでしたか?

この記事の続きを読むには

続き 画像4枚、1385文字

新規登録はこちら

神尾楓珠
かみおふうじゅ|俳優
1999年1月21日生まれ。東京都出身。2015年、ドラマ「母さん、俺は大丈夫」で俳優デビュー。映画『兄に愛されすぎて困ってます』でスクリーンデビューし、その後もドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」など、話題作に出演し注目を集める。その他の出演作に『HiGH&LOW THE WORST』、『私がモテてどうすんだ』、『親密な他人』など。公開待機作に小林啓一監督の『恋は光』がある。

©2022「20歳のソウル」製作委員会

『20歳のソウル』
監督 / 秋山純
原作・脚本 / 中井由梨子
出演 / 神尾楓珠、尾野真千子、福本莉子、佐野晶哉 佐藤浩市 他
公開 / 5月27日(金)より全国ロードショー
©2022「20歳のソウル」製作委員会

撮影 / 堀弥生
取材・文 / 折田侑駿
ヘアメイク / 内藤歩
スタイリスト / 杉本学子(WHITNEY)
衣装 / プルオーバー ¥8,800、パンツ¥20,900 ともにUNITED TOKYO / シューズ、ソックス スタイリスト私物

※今回のインタビュー記事を含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」5月号についてはこちら。
⇒5月号の表紙は神尾楓珠さん!DOKUSOマガジン配布劇場とWEB版のお知らせ

お近くに配布劇場が無いという方は「DOKUSOマガジン定期購読のご案内」をご覧ください。

⇒編集部の記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る