特集一覧

私の家はクレヨンしんちゃんが禁止でした【中田青渚の大切なひとり時間 vol.3】

中田青渚

「普段自分の考えをしゃべる機会がないんです」という中田青渚さんの素顔をのぞく連載企画。テーマは「大切なひとり時間」。今回は中田さんが一度も観たことがない“クレヨンしんちゃん”の映画を鑑賞していただきました。なぜ一度も観たことがないのか、その理由もあわせてお届けします。

中田青渚
なかたせいな|俳優
2000年、兵庫県出身。『第5回Sho-comiプリンセスオーディション2014』でグランプリを受賞し、俳優デビュー。映画『君が世界のはじまり』、『街の上で』、『うみべの女の子』等出演。

―前回オススメした映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』はご覧になりましたか?

「観ました!私の家はクレヨンしんちゃんが禁止されていたんです。子どもの頃、テレビアニメをちょっとだけ見たことはあるんですけど、映画ははじめてでした。
大人こそ観ると感動して泣きそうな作品ですよね。もう少し歳を取ってから観たら、また違う感想になるかもしれない。そう思えるくらい深みのある作品で、しんちゃんあなどれないなと思いました」

―オトナ帝国の逆襲は、ちょうど20年前の作品です。中田さんより少し上の世代だと子どもの頃に観て、大人になってから改めて観た人も多いかもしれません。そもそも、クレヨンしんちゃんが禁止された理由は…?

「ひとつ下の弟がいるんですけど、テレビアニメを1、2回見たときにしんちゃんのマネをしたんですよ。(笑)母が“外でマネしたら大変だ”と禁止になりました。当時弟は3歳だから、なにも考えずにマネしたんでしょうけど、私も子供心に、ちょっとこれはまずいと思ったことを覚えています」

―しんちゃんの声マネならまだしも、外でやってしまうと大変な行動もありますよね?

この記事の続きを読むには

続き 670文字

新規登録はこちら

撮影 / 鎌田瞳 文 / 大川竜弥

※中田青渚さんの今回の記事を含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」12月号についてはこちら。
⇒12月号の表紙は『偶然の想像』の濱口竜介監督!「DOKUSOマガジン vol.3」配布劇場とWEB版のお知らせ

⇒中田青渚さんの記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る