ペールブルーがかさなる

ペールブルーがかさなる

2019 | G | 30分

フリーターは世間からの風当たりも強く、職場では尊重されない。しかし社会の一員であることに変わりはないはずです。「私はなぜ働くのか?」を問う意欲作。

©夏衣麻彩子

あらすじ

23 歳・高卒・フリーターの留凪はすぐにバイトを辞めてしまう。次のバイトがなかなか決まらなかったある日、スーパーで友達の加奈に出会いレジのバイトを紹介してもらう。隣で前向きに働く同僚や、家族や世間からの眼差しにだんだんと辛い思いを抱えて行くが、お客さんや同僚たちとふれあう中で仕事に、自分自身にきちんと向き合おうと思った留凪は、同じく仕事に悩んでいる兄・晃からの「なぜ働くのか」という問いに答える。

スタッフ

監督
夏衣麻彩子
脚本
夏衣麻彩子
撮影
枝元雄樹
録音
中島浩一
音楽
小林未季
編集
夏衣麻彩子
ヘアメイク
山田琴乃
助監督
宮崎彩
制作
山田亮

作品のことを伝えて、
作品を応援しよう!

こちらもオススメ
関連作品