【特撮愛】篠宮暁がキラメイブルー水石亜飛夢と語る、“コロナ禍のヒーロー”像
特集一覧

【特撮愛】篠宮暁がキラメイブルー水石亜飛夢と語る、“コロナ禍のヒーロー”像

篠宮暁
水石亜飛夢

水石亜飛夢が、いま一番会いたい映画人と対談する「トーク・ザ・シネマ」。第5回のゲストは「魔進戦隊キラメイジャー」が歴代一番好きと公言するオジンオズボーンの篠宮暁さん。キラメイジャーのお話に始まり、篠宮さんの大学入学秘話、水石さんの今後の俳優人生についてなど、多くの話題が飛び出して…

オジンオズボーン 篠宮暁
松竹芸能所属 オジンオズボーンのボケ担当。持ちギャグは1000個を超える。特撮が好きで、実際に特撮作品にも数本出演。考案した難しい漢字の覚え方「#秒で漢字暗記」がSNSを中心にヒット中。「オジンオズボーン篠宮暁の秒で暗記!漢字ドリル」は累計発行部数7万部を突破。

水石亜飛夢
2012年ミュージカル「テニスの王子様2nd」にて俳優デビュー。
2014年TVシリーズ「牙狼~魔戒の花~」にてメインキャストに抜擢。2017年映画「鋼の錬金術師」にてアルフォンス・エルリックの声を演じ全国的に注目される。ドラマ「あなたの番です。」ドラマ「相棒17」、映画「青夏」映画「センセイ君主」など話題作に出演。2020年3月よりテレビ朝日系列「魔進戦隊キラメイジャー」押切時雨役/キラメイブルーにて出演し、2021年2月28日に最終回を迎えた。出演作『男の優しさは全部下心なんですって』が2021年6月11日より公開予定。

篠宮

まずは『魔進戦隊キラメイジャー(以下、キラメイジャー)』、本当におつかれさまでした!

水石

ありがとうございます!

篠宮

正直、むちゃくちゃ面白かったです。僕が思う面白いスーパー戦隊の必須条件は、5人のキャラ立ちがしっかりしていることなのですが、キラメイジャーも1話、2話くらいでキャラ立ちがガシッとなって、そこからいい意味で裏切られていくところが非常に多かったなと。水石さんが演じられた押切時雨で言うと、すごくクールなキャラだと思ったら、いきなり3話の「マンリキ野郎!御意見無用」で頭を挟まれて。笑 あそこでファンになられた方がかなり多いと思います。

水石

なんとも複雑な心境ではありますが、ありがたいですね。笑

篠宮

あの「マンリキ野郎!」の台本をいただいた時はどんなお気持ちでした?

水石

まず最初の台本やキャラクター設定をいただいた時に、僕の好きな高倉健さんをイメージしました。僕がそれを言う前に東映のプロデューサーさんからも「せっかく東映で武器も剣だし、高倉健イメージしていこうよ」と言われて、よし!令和の時代のいまこそ、そんな人物像を作り上げられるように頑張ろうと思ったんです。なのに、「マンリキ野郎!」の台本をいただきまして、あれ?って…。

篠宮

あははは、早々に。笑 でも、あの回のおかげですごくファンがついたと思いますよ。そこから10話「時雨、おいかける少女」、つまり2回目の時雨の回が来たときに、時雨回はハズレがない! みたいなのがTwitterで流れてましたし、かなり反響がありましたよね。それは見ていらしたんですか?

水石

もちろんです。ありがたいことにSNSでメッセージだったり、お手紙だったり、すごくたくさんの反響をいただきました。芝居に自分なりの遊びと言いますかおふざけを入れることが好きなので、日曜9時半のお茶の間に自分の変顔が流れるのはたまんないと思って演じました。

篠宮

へぇー! ちょっと変態ですね。笑 現場ではいろんな監督さんについたと思うんですけど、どんなアドバイスがありましたか? もっと抑えてと言われたのか、もっといっちゃっていいよなのか。

水石

メイン監督の山口恭平さんは、僕がリハの時とかに100%出しておけばそこから引き算ができるので、けっこうドライ(※カメラ無しの始めから終わりまでのリハーサル)の時などに遊びをもってやるんですけど「水石、もっといっちゃおうよ」って。やっぱりこの人ヤバいなと思いました。逆にもっと抑えてというのはほぼなかったです。

篠宮

ちょっと俳優さんというよりは、芸人よりなところが…

水石

本来、押切時雨は人気イケメンアクション俳優という肩書なんですけど、みんなから「芸人、芸人」って言われてました。僕の中ではそんな気安く芸人さんなんて呼んじゃダメだよと。僕はお笑いのプロの方を芸人さんと呼ぶと思っているので、芸人じゃないよエンターテイナーだからと。人気アクションエンターテイナー俳優って言っているんですけど。「時雨泣き」(エピソード28)の時なども…

篠宮

「時雨泣き」はすごかったです。ぺこぱ風漫才したじゃないですか。やっぱり俳優さんがやる漫才って、演じているなというとこがあって当然あっていいんですけど、あれ?これ素に近いなみたいな。ちょっと声のトーンも変えているし言い方も変えているじゃないですか。普通の俳優さんだと多分ぺこぱのままでやるんですよ。でもそれをしないところがすごかったです。

水石

ありがとうございます。篠宮さんがかねてより僕を好いてくださっているのはお聞きしていましたが、実際にお笑い芸人の方が僕のふざけているところをご覧になっているのは冷や汗かきまくりです。

篠宮

そんなそんな。でも「時雨泣き」の回は他にも歌を歌ったりとかてんこ盛りだったと思うんですけど、現場は大変でしたか?

水石

そうですね、僕の中では1年を通じてあの回が一番大変でしたね。漫才もしないといけないし、歌も歌わないといけないし。あと簡単なようでも泣くというのが難しくて。誰かが死んで悲しんでいるとか悔しい気持ちとかはあるのですが、あのときはなかなか心の持って行き場がなくて。ほぼ丸一日であの回を撮っていたので、結構大変でした。

篠宮

ちょっと聞きたかったんですけど、水石さん、キラメイチェンジするときメンバーの誰よりも足を開くじゃないですか。あれはやっぱり意識して足を開いているんですか?

水石

そうですね。武道とか剣術、手刀をイメージしているので腰が入ると足の開きがあれくらいになります。

篠宮

なるほど、そういうことですね。殺陣をやられていますもんね。殺陣と言えば、過去作の『牙狼<GARO>』(以下、牙狼)でも殺陣がありましたがその辺のお話もお聞かせください。実はクロウと時雨が同一人物(水石さん)だと最初全然気づかなくて、顔もだいぶ大人っぽくなっていますし。

水石

そうですね。

篠宮

おおお、大きくなってるって。あの時はまだ幼さがあって。

水石

そうですね、あの時はまだ17歳で、あれから7年くらい経っているので。

篠宮

牙狼シリーズと、スーパー戦隊をやられていてなかなか稀有な存在だと思うんですけど、現場の違いみたいなものはありますか?

水石

一番わかりやすいところで言うと撮影時間です。牙狼はホラー(世の闇に潜む魔獣)が夜中しか出ない設定なので夕方から朝方にかけての撮影で、キラメイジャーは朝方3時起きでの撮影で夕方には終わるところとか。

篠宮

牙狼の時に殺陣を初めてやられたんですか?

水石

そうですね。剣道はやっていたので、多少の太刀筋などはわかってはいたんですけど。あの時が初めてですね。アクションも牙狼が最初です。

篠宮

アクションに関しては、違う感じですか?

水石

牙狼の方が少し高度ですね。

篠宮

手数が多い感じですよね。

水石

隠密という特殊な設定だったので、素早い動きだったり手数が大変でした。今回のキラメイジャーに関しては、コロナ禍なこともあり、敵を見つけたらすぐに変身しちゃう撮り方だったので、なかなか変身前の状態でアクションというのができなかったですね。

だけでなくて自分自身がヒーローになりたい

水石

篠宮さんはいつ頃から特撮やスーパー戦隊、ライダーなどがお好きなんですか?

篠宮

物心がついたときには片手にヒーローのおもちゃを持っている状態だったんですけど、周りの友達は小学校に入った段階で卒業してしまって…。僕は下に弟と妹がいたのもあって卒業できずにそのまま中学に入っても見続けて習慣になり、友達には言えず隠れキリシタンみたいな感じでした。芸人なってからも言ってなかったんですけど、あるときスーパー戦隊の話になったとき「そんな戦隊いるの?」と食いついてもらえて。あ、これって切り口になるのかと気がついてからは好きですと言うようになりました。

水石

そうだったんですね!

篠宮

水石さんも小さい頃は見ていましたか?

水石

僕は記憶が曖昧ですが、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』あたりかと。僕は歳の離れた兄がいて、甥っ子がスーパー戦隊とかライダーにはまりはじめたときに、そうかこの子たちがメインで、僕はもう離れないといけないんだなと距離をとっていました。『仮面ライダー龍騎』が一番好きだったかな。あとは『仮面ライダークウガ』ですかね。

篠宮

キラメイブルーに決まった時は、牙狼ファンの方から何かコメントなどありましたか?

水石

まさかクロウが戦隊になるとは! と言われましたし、その前年にはライダーにも少し出させていただいたので、悪者からヒーローになれて良かったね~とか、あとはウルトラマンに出たら特撮制覇だねとファンの方には言っていただいています。ゲストでもいいのでウルトラマンにも出られたら制覇できるんですけど。

篠宮

ぜひ主役でやってほしいです! その思い、円谷さんに届くといいですね。

水石

ありがとうございます。篠宮さんは特撮好きもさることながら、漢字でいま大ブレイクされてますよね。Twitterで大学に入られたことを書かれていましたが、漢字がきっかけでしょうか?

篠宮

大学に入ったのは漢字きっかけが大きいですね。漢字の覚え方の動画も出して、漢字ドリルも出して、そのおかげで小学生に教える機会をいただいたんですね。でもふと思ったんです。僕が教えることに説得力があるのかなと。漢字検定の級は持っているけど、もし教員免許を持っていたらもっと面白くなるんじゃないかと。教員免許を持っている芸人も面白いですし、38歳で教員免許を取りに行くこと自体が面白いじゃないですか。それで調べたら日本大学の通信教育があって、入学しました。

水石

それは素敵なお話ですね! 大学生になったのは教員免許が目的だったのですね。

篠宮

僕、子供がいるんですけど、父ちゃん芸人やっているけど実はこうなんだよという一面も見せられるし、教員免許も取れるし、大卒資格も取れるし、一石何鳥にもなるかと。

水石

お話を聞いていてすごく納得しました。僕ももしかしたら何かのきっかけで大学にいくことがあるかも、と一瞬思いました。

篠宮

ひょっとしたら数年後に大学生してるかもしれませんね。子どもと言えば、水石さんはクラウドファンディングで親子の支援をされていますよね。あれはどういうきっかけなんですか?

水石

コロナの影響でキラメイジャーも2カ月まるまる撮影がストップして6話分減っているんですよね。同じようにお仕事が減ったりなくなったりで困窮されている方がすごく多くて…。ある時、僕をデビューから応援してくれている方からお手紙が届きました。

2人のお子さんがいて、なかなか満足に食べさせてあげることができなくて、お給料も激減してもうダメかもと思ったけど、亜飛夢くんがキラメイジャーをやっている間は死ぬわけにいかないと思いって生きています。生きていてよかった、ありがとうというお手紙をいただいたんです。

そこで芽生えた、何か自分にできないかなという思いがきっかけです。キラメイジャーが決まったときに、最初の舞台挨拶で「役だけでなくて自分自身がヒーローになりたいです」と言いました。現実の僕たちの世界には怪物は出ないし、変身もできないです。でもヒーローがいないなんて寂しいなと思って。まだまだヒーローとまでとは言えないですけど、人を助けて支えてくれる人はいるよと伝えたいし、特にヒーローが好きな方しかり、そういうご家庭に届けばいいなと。

篠宮

正真正銘のヒーローじゃないですか!

水石

だって、せつないじゃないですか。キラメイジャーが終わったらヒーローじゃなくなるのかと思ったら。せっかくなので1年間走り、いま終えようとしているときにもう一度そのヒーローの力を借りて何かやらせていただこうと思って、取り組んでいます。

篠宮

本当に素晴らしいですね。僕たちファンはキラメイジャーに関しては、キラメイジャーにしかできないこと、キラメイジャーだからこそできたことがめちゃくちゃあったと思っています。だからみんなが好きになったと思うんです。東映の塚田英明プロデューサーもおっしゃっていましたけど、「こっちから何がダメで何が良いと押し付けるではなくて、キラキラしているところを見てもらって元気づけられたらいいな」って、まさにそれだなと。

水石

ひとつ前の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』は限界を超えるためにあるという設定でしたが、『キラメイジャー』は限界は超えない方がいいんじゃないかと。どちらが良い悪いではなく、コロナ禍においてキラメイジャーは優しかったと思いますね。

切時雨のスピンオフが!?

篠宮

たくさんお話をしてきましたけど、最後に水石さんの今後のことをお聞きしたいです。次回作や、今後チャレンジしたいことなど教えてください。

水石

押切時雨のスピンオフがしたいですね。このことはキラメイジャーのプロデューサーの望月卓さんにずっと言っています。

篠宮

たしかに! 時雨のスピンオフ見たい!!

水石

劇中劇もたくさんあるので、それをやってくださいよとずっと言い続けています。

篠宮

それは新しいですよね、劇中劇でスピンオフってたぶん今までなかった。

水石

やっぱりキラメイジャーのお陰で、お芝居を見ている方にプラスのエネルギーをプレゼントできるエンタメっていいなと思ったんですよね。僕はこれまで8割、9割がクズな男の役だったんですけど、もしまたそういう役がきたとしても、見ていただいている方にちょっとクスっとしてもらえるような芝居の組み立てをしつつ、この1年半で培った “キラメキ” をこれからの俳優人生で忘れないようにしていきたいと思っていますね。

篠宮

それは嬉しいです。いちファンとして純粋に嬉しいです。どんな役をやってもキラキラしてほしい、といったらなんか変ですけど。ぜひキラキラのクズを。笑

水石

がんばります!笑 篠宮さんはこれからどのようにスーパー戦隊を楽しんでいきますか?

篠宮

これは白倉さん(※東映株式会社・白倉伸一郎チーフプロデューサー)がいつもおっしゃっていることなんですが、スーパー戦隊や仮面ライダーは当たり前の存在になっていると。でもコロナでキラメイジャーやライダーの撮影が止まったとき、あらめて白倉さんのその言葉が蘇ってきて、当たり前じゃないんだと。

だからこそキラメイジャーが撮影できなかった期間を総集編でつないだのは本当に感動しました。まだ10回しか放送していないのに、どうやって総集編を? と思ったらあの手この手でつないでくれて。内容がどうとかではなく、つないだことにとにかく感動しましたし、その感動した上での11話は泣きました。

水石

「時がクルリと」ですね。あの回も本当に熱が入っていましたね。

篠宮

なんだかグッときちゃって。なので当たり前と思わずに1回1回しっかり正座して見ていきます。本日はありがとうございました!

水石

こちらこそありがとうございました!

【追伸】 cinemas PLUS にて、篠宮さんが対談時のお気持ちを書かれています。現場での興奮が伝わってきますので、ぜひ合わせてお楽しみください。 https://cinema.ne.jp/article/detail/46621

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る