特集一覧

片山萌美がオススメする息つく間もないアクション映画『96時間』

片山萌美

気になるんですけど、『96時間』って映画知ってます?
結構話題になってたからみんな知ってると思ったのだけど
事務所のみんなに聞いたら誰も知らなかったので
あれ? もしかしてあまり知られてないの?
と思ったんだけど観たことありますかね?

©2008 TWENTIETH CENTURY FOX

『96時間』あらすじ
18歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐された。偶然にもその事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父親ブライアンは、命よりも大切な娘を襲った悪夢のような出来事に、ずたずたに胸を引き裂かれる思いを味わう。しかし、政府の元工作員として幾多の修羅場を潜り抜けてきた彼は、冷静さを失ってはいなかった。追跡可能なタイムリミットは96時間!

一言で言うと、とにかく目が離せない映画!
フランスに旅行中の娘が誘拐されて、
救出可能な時間の猶予が96時間しかない!

なので
ぽんぽんと息つく間もなく進む。
スピーディーなストーリーが最高。

誘拐されそうになった娘がパパに電話するんだけど
そこが衝撃で。

リーアム・ニーソン演じるパパは、実は元CIAの秘密工作員で
娘をベッドの下に隠れさせてからこう言うの。
「よく聞け。お前は今から誘拐される」
と。

こーーーわい!!!
言う?!娘にそれ言う!?!?
と思うんだけど、むしろ大丈夫だよって言われても
うそつけ!!!って思うから
冷静に考えると合ってるのかと考え直したよ。

©2008 TWENTIETH CENTURY FOX

「そして、誘拐される時に大声で目についた犯人の特徴を言え。」
と。
娘はやっぱり誘拐されるけど、誘拐される瞬間がめちゃくちゃ怖い。
でも娘、怖いのに大声で特徴言えて偉いなぁ…。

その後に犯人がパパと電話で話すんだけど
犯人が一言「がんばれ」と言うの。
その声をパパは録音していて、
繰り返しずっと聞いてて、“なんで?”って思ってたんだけど
それには理由があって。
声を覚えて、いざ犯人に会った時に声でそいつを突き止めるためなんだよね。
意味がないことを描く暇もない映画…よ。

それから誘拐された娘の探すのだけど
本当に少ない手がかりを追うの。
その着眼点や痕跡の見つけ方が“なるほどなぁ”となる!

少しずつ娘に近づき、いたはずのところに行けるのだけど
なかなか娘には辿り着けず...。
でも、あれがダメなら、次はこれ!
というように悩む描写がなくどんどん進む。
そもそも猶予が96時間しかないから悩む暇もないし そのスピード感が観ていて本当に飽きない!

©2008 TWENTIETH CENTURY FOX

それと娘を助けるためには敵に容赦ない。
他の映画だと、ものすごく酷いことをした悪党のくせに命乞いしてきて、主人公が情けをかけたり許したりして、それでピンチになってイラッとするんだけど、このパパは娘を助ける以外どうでもいいので、即、敵を倒す。
だからモヤモヤしなくてありがたい。
映画だからね、容赦ないのがいいよね。

映画のストーリーとして、そんな偶然ある?みたいなのも本当に少なくて、実際に秘密工作員がやりそうな捜査のやり方だから(知らないけど。笑)、
なんか自分の知識が増えた感じがして楽しい!

ただ、パパが最初、
娘が旅行に行くのにめちゃくちゃ反対するのは
なかなか過保護で困るパパではあるな
と思っちゃったけど。笑

そしてリーアム・ニーソン氏がはちゃめちゃに戦う。
当時観た時は、リーアムニーソン氏ってこんなにアクションできたのか...と驚いた。

なにせ、ラブアクチュアリーの優しいパパ役のイメージが強くて...。

これ以降(?)アクション映画に多く出演されてるけど
やはり96時間が面白いなぁと思うので
観たことない方はぜひ☆

ちなみにパート2の『96時間/リベンジ』も面白いの!
リベンジでは、爆発音から位置情報を割り出したり、秒数と聞こえてくる音だけで道を覚えたり。
実際はできないけど、もし私が中学生だったら出来る様になりたくて訓練しそうな内容が満載なので楽しいよ!

まぁ私は最初の『96時間』の方が好きだけど。
ちなみにパート3の『96時間/レクイエム』もあるんだけど
覚えてないので梅雨の間に観ようかな。

みんなもよかったら観てください。
スカッとテンポ良い映画を観てジメジメした梅雨を吹き飛ばせますように!

⇒片山萌美さんの記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る