特集一覧

『うみべの女の子』公開後の反応にホッとしています【中田青渚の大切なひとり時間 vol.2】

中田青渚

2021年春に公開の『街の上で』では主人公が出会う女性・城定イハを、同年夏に公開の『うみべの女の子』では中学生・小林桂子を演じた中田青渚さん。幅広い演技で注目を集めています。今回は『うみべの女の子』公開後の反応、最近見た映画のお話、そして読書好きな中田さんにオススメした「ようこそ地球さん」(星新一著)についてお聞きしました。

中田青渚
なかたせいな|俳優
2000年、兵庫県出身。『第5回Sho-comiプリンセスオーディション2014』でグランプリを受賞し、俳優デビュー。映画『君が世界のはじまり』、『街の上で』、『うみべの女の子』等出演。

──映画『うみべの女の子』では舞台挨拶にも参加されていましたね。

「撮影以来、久しぶりに集まってちょっと不思議な感じでした。撮影中はみんな役が入ってるから、本当の同級生みたいにワイワイしてたんですけど、撮影が終わると素の自分に戻るので、若干人見知りというか…、大人になって数年ぶりにあった同窓会に参加したみたいでした。もちろんみんな仲良しだから、久しぶりに会えて楽しかったです」

──公開後の反応はいかがですか?

「学校がまだオンライン授業ということもあってなかなか友達に会えないから、身近な人の反応はまだ入ってこないんですけど、いま撮影してる映画の監督さんから感想をもらいました。私が演じてる小林桂子って明るいキャラクターじゃないですか。監督さんは役のイメージを持ってたみたいで、“本人はそんなことないんですね”って(笑)

『うみべの女の子』はマンガが原作なので、ファンの人にどういう届き方をしてるのかドキドキするんです。観た人の反応が気になって、映画レビューサイトで口コミをチェックしました。ありがたいことに好意的なコメントが多くて、受け入れてもらえたんだなってホッとしています」

──最近、映画館には行きましたか?

この記事の続きを読むには

続き 731文字

新規登録はこちら

撮影 / 鎌田瞳 文 / 大川竜弥

※中田青渚さんの今回の記事を含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒11月号の表紙は松井玲奈さん!「DOKUSOマガジン vol.2」配布劇場とWEB版のお知らせ

⇒中田青渚さんの記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る