特集一覧

タイトルを目にして劇場へ駆け込んだ『ぼけますから、よろしくお願いします』【根矢涼香のひねくれ徘徊記 第2回】

根矢涼香

ショッピングセンターというのはどの地域もだいたい似ている。明るすぎない照明、フードコートの食べ物が集まった匂いに、誰にも歩き抜かされないエスカレーター。

「楽しみにしとるけぇね」

聴こえてくる会話の音色が、初めて歩く場所だと教えてくれる。車窓から見える、山に並ぶ茶色い瓦屋根、街を挟むように反対側には海があり、海の向こうに連なるのは、薄く青みがかった島々の頭だ。初めての広島県。これまでは物語の中だった呉の街で、私はキャリーケースを引っ張っている。撮影前日、時間が許す限り町の生活に染み付いた通りや店を歩き回り、演じる人物を想像し、そこに漂う空気を吸い込み肉付けをしていく。広島といえば任侠モノや戦時中を描いた作品が思い浮かぶけれど、私には耳と心に沁みついた光景があるのです。

『ぼけますから、よろしくお願いします。』
娘である信友直子監督が、呉市に暮らす両親を記録したドキュメンタリー作品だ。
認知症となった母、耳の遠い父による「老老介護」の1200日の記録。タイトルを目にしたときは衝撃を受けた。ポスターに写るご両親の可愛らしい笑顔に導かれ、ポレポレ東中野に駆け込んだのを覚えている。監督が撮影に有したであろう勇気を、見る側の私も持つ必要があった。だって本当ならばこれは、目を背けたい、いつかは自分にも起こりうる現実だから。

この記事の続きを読むには

続き 1,085文字

新規登録はこちら

撮影 / 角戸菜摘 スタイリスト / 山川恵未 ヘアメイク / 染川敬子(TOKYO LOGIC) 編集 / 永井勇成 衣装 / ブラウス¥5,850/Wild Lily〈問い合わせ先〉Wild Lily 03-3461-4887

※根矢涼香さんの今回のコラムを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒11月号の表紙は松井玲奈さん!「DOKUSOマガジン vol.2」配布劇場とWEB版のお知らせ ⇒根矢涼香さんの記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る