特集一覧

高柳明音、『Be With You ~いま、会いにゆきます』を観て嗚咽する

高柳明音
坪井篤史

©2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

高柳明音さんが、シネマスコーレ副支配人の坪井篤史さんを師匠にお迎えし、映画マスターを目指します。第二回は号泣必至のラブストーリー『Be With You ~いま、会いにゆきます』をご覧いただきました。あれ…?高柳さんの様子が…

『Be With You ~いま、会いにゆきます』あらすじ
雨の季節に戻るという信じがたい約束を残してこの世を去ったスア。一年後の梅雨が始まった夏の日、スアが現れる。しかし、スアは夫のウジンを覚えていなかった。ウジンが話す思い出話を聞いていくうちに、二人はまた恋に落ちる。しかし梅雨が終わると同時に、運命の時間がやってくる…

高柳明音
たかやなぎあかね|1991年生まれ、愛知県出身。2009年にSKE48の2期生メンバーとしてデビュー。21年4月にグループを卒業し、現在は女優・タレントとして舞台、バラエティ、ラジオなど幅広く活躍中。

坪井篤史
つぼいあつし|1978年、愛知県生まれ。シネマスコーレ副支配人。小3の時に映画と映画館の神様から啓示を受け、死ぬまで映画と映画館で生きると決めたアブナイ人。

坪井篤史

高柳さん、今回は『Be With You いま、会いにゆきます』をご覧いただきましたが…あれ、どうされましたか、ご体調が悪いのでは?(高柳さんの表情を見て心配する坪井さん)

高柳明音

あっ…ちがいます。実はさっき観たばかりで、泣きすぎてボロボロなんです。頭痛するくらい泣いちゃいました。(笑)

坪井篤史

そういうことでしたか。でも本当に泣けますよね。ちなみに今作はリメイクですが、元の日本版は観たことがあったんですか?

高柳明音

どちらも観たことはなくて、今回お話をいただいて韓国版の方を選びました。

坪井篤史

どうして韓国版を選んだんですか?

高柳明音

実はマネージャーから「人生で一番泣いた邦画だよ」と教えてもらって、調べたら韓国版があることを知りました。どちらも観たいと思いつつも、最近作られたばかりの韓国版を観ました。今は日本版も観たい気持ちでいっぱいです。

坪井篤史

すごく良いチョイスだと思います。そもそもなぜ今になって韓国でリメイクされたかですよね。日本版が公開されたのが2004年、韓国版が2018年です。10年以上も経ってリメイクされたのには、韓国映画業界の事情も少し絡んでいるんです。

高柳明音

たしかに…。日本版は大ヒットしたと聞いてますし、私もタイトルは知っていました。どうして最近になってリメイクを?

この記事の続きを読むには

続き 1,100文字

新規登録はこちら

撮影:森山貴史(高柳明音、坪井篤史)
文:永井勇成

※今回のコラムを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒11月号の表紙は松井玲奈さん!「DOKUSOマガジン vol.2」配布劇場とWEB版のお知らせ

⇒【映画マスターへの道】をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る