特集一覧

松井玲奈インタビュー!『幕が下りたら会いましょう』は引っ込み思案な人にこそ観てほしい

DOKUSOマガジン編集部

『幕が下りたら会いましょう』で映画単独初主演となる松井玲奈。妹の死をきっかけに過去と向き合う売れない劇作家を演じている。脚本段階から監督と何度も打ち合わせを重ねて挑んだ本作への思いと見どころについて伺った。

※松井玲奈さんのインタビューを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒11月号の表紙は松井玲奈さん!「DOKUSOマガジン vol.2」配布劇場とWEB版のお知らせ

『幕が下りたら会いましょう』あらすじ
実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの「劇団50%」を主宰している麻奈美(松井玲奈)。劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎをしていたある夜、妹の尚(筧美和子)が資材置き場で亡くなった。その日、尚からの着信があったにもかかわらず電話に出なかった麻奈美は、複雑な思いを抱えてしまう。母親・京子(しゅはまはるみ)との新たな確執が生まれる中、劇団仲間の早苗(日高七海)と妹の部屋を引き払いに東京へ。様々な人々との出会いと再会を経て、自分自身と向き合っていくことになるが…

―今作『幕が下りたら会いましょう』は、妹の死をきっかけに過去と向き合うお話が中心に描かれています。誰しも目をそらしたい過去があると思いますが、松井さんはどのように対処されていますか?

「私はわりとそっとしておいて、そのうち忘れてしまうことが多いです。でも忘れたといっても心の引き出しの奥にぎゅうぎゅうに押し込まれていて、それがふとした会話だったり、見聞きしたものの影響によって出てくることがあります。時にはまた苦しくなることもあれば、その再会によって気持ちが軽くなって浄化されることもあったり。ある意味で時間が解決してくれる、自分が多くの経験をしていくことで新しい扉が開いていくのかなと思っています」

―劇作家への夢を追いかけてもがく主人公・麻奈美に対し、松井さんが共感できた部分はありますか?

「一番しんどい部分を誰にも相談せず、自分の中に溜め込むところは似ているかも(笑)“大変だ!どうしよう!できないかも!”と友だちに相談することはあっても、奥深くにある核のような部分は言わないです。伝えることで相手にも影響してしまうかもしれないので、自分の中で片付けちゃうことが多いと思います」

―お友だちのお話が出ましたが、本作は麻奈美と親友の早苗の関係がとてもリアルでした。一緒にいるからこそ劇団を続けられている二人。松井さんにとって、この人がいるから頑張れるという方はいらっしゃいますか?

この記事の続きを読むには

続き 画像6枚 1,408文字

新規登録はこちら

©avex entertainment Inc

『幕が下りたら会いましょう』
監督 / 前田聖来 出演 / 松井玲奈、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海
公開 / 11月26日(金)より新宿武蔵野館 他
©avex entertainment Inc
---

撮影:神藤 剛(shinto takeshi)
文:永井勇成

※松井玲奈さんのインタビューを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」11月号についてはこちら。
⇒11月号の表紙は松井玲奈さん!「DOKUSOマガジン vol.2」配布劇場とWEB版のお知らせ

⇒DOKUSOマガジン編集部の記事をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る