特集一覧

高柳明音、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を初めて観る!

高柳明音
坪井篤史

高柳明音さんが、シネマスコーレ副支配人の坪井篤史さんを師匠にお迎えし、映画マスターを目指します。記念すべき第一回はSFの名作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(※以下、エピソード4)をご覧いただきました。なんと高柳さんは初鑑賞だったとか…

高柳明音
たかやなぎあかね|1991年生まれ、愛知県出身。2009年にSKE48の2期生メンバーとしてデビュー。21年4月にグループを卒業し、現在は女優・タレントとして舞台、バラエティ、ラジオなど幅広く活躍中。

坪井篤史
つぼいあつし|1978年、愛知県生まれ。シネマスコーレ副支配人。小3の時に映画と映画館の神様から啓示を受け、死ぬまで映画と映画館で生きると決めたアブナイ人。

坪井篤史

高柳さん、今回が初めてのエピソード4ですか! なんて羨ましい…。まずご覧になられてどうでしたか?

高柳明音

私はディズニー・ランドの「スター・ツアーズ」が大好きなのですが、20年越しでデス・スターの謎が解けました。ずっとあの大きな惑星みたいな秘密基地はなんなの?と思ってました。(笑)

坪井篤史

なんと。(笑) まさにエピソード4のクライマックスですからね。だけど、デス・スターの秘密を知らなくても楽しめるのがスター・ウォーズ(ツアーズ)の凄さとも言えますよね。

高柳明音

リニューアルによって内容は変わってしまって、もちろん新しい方も大好きなんですけど、こんなにスッキリできるとは思いませんでした。

坪井篤史

そのスッキリも素晴らしいですが、これから次々とスター・ウォーズの世界を体験できることが本当に幸せと言いますか、羨ましくてしかたがないです。そんな1本を見ていただいたと思っているんです。

高柳明音

そこまで言われると、なんだかすごい作品を観た気持ちが倍増してきます。(笑)

坪井篤史

でもね、実はこの作品は自主制作なんですよ。

高柳明音

ええっ!?
こんなに世界中で大ヒットしている映画が、まさかのインディーズから始まったんですか?

この記事の続きを読むには

続き 1,600文字

新規登録はこちら

撮影 / 森山貴史 文 / 永井勇成

※今回のコラムを含む、ミニシアター限定のフリーマガジン「DOKUSOマガジン」10月号についてはこちら。
⇒ミニシアター限定配布のフリーマガジン創刊!配布劇場とWEB版のお知らせ

⇒【映画マスターへの道】をもっと読む

  • LINE
  • facebook
  • twitter
マガジンもっと見る